Written by Shiroshin

【仮想通貨】資産0円から投資トレーダーになる方法②【時間の作り方】

HOW TO BE TRADER

どうも、しろしんです。

投資トレーダーにとって必ず必要なタネ銭(投資資金)。その作り方について前回の記事でお伝えしました。タネ銭ってどうやって作るんだろう?という方に方向性みたいなものだけでも掴んでもらえていたら嬉しいです。

投資トレーダーのタネ銭作りについて気になる方はこちらが前回の記事。(10分程度で読めます。)

そして、次のステップですが、その前に。

タネ銭の作り方はわかった。でも、今の仕事や子育てしながら、タネ銭作りする時間がどこにもないよ。

という方、結構な割合でいらっしゃると思います。

今日はそんな自分の時間を作りたいけど今ひとつ時間の作り方がよくわからない人向けに時間の作り方についてご紹介します。

時間作りにお困りでない方はこの記事を飛ばしてもらってもちろんOKです。自分に必要なことだけ読み進めるのも上手な時間の使い方だと思うので。

では、早速、時間の作り方について説明していきます。
 

タネ銭のための時間作り

本当に当たり前過ぎてあえていうことでもないかもしれないんですが、投資するための大前提は投資するお金があることです。

俗にいうタネ銭(起業や投資するための準備金)がないと投資を始めることすらできません。

というと、

いやいや、タネ銭作りより、日々のお小遣いをせっせと投資に当てるという考えもありますよ。って方もいると思います。

が、お小遣いでは入金力にかけてしまいます

入金力が乏しいとどうなるか?

入金力が乏しいと、いつまで経ってもお小遣の域を超えないどころか、マージン取引だと証拠金の無さにすべての資産を溶かし、投資の世界から強制排除させられるということもあります。

*マージン取引は、取引所からお金を借りて投資すること。

お小遣いがたくさん手元にあるような人は別として、まずはタネ銭作りすることが今後のトレーダー人生にとって重要な鍵となります。

時間が必要な理由は他にもあります。

暗号資産投資のトレーダーになるためには、トレーダーに必ず必要なファンダメンタル分析テクニカルチャート分析などの投資術を勉強します。

それに加えて、暗号資産特有のWeb3.0暗号資産業界の知識を勉強することでコインの特徴を掴むことができるので、ファンダメンタル分析を交えた長期投資もできるようになります。

少し大袈裟かもしれないですが、これらを学ばずして安定したトレードをすることは難しいと言えます。

そして、それらは片手間にできるような量ではありません。実際の投資を始め出したら実感すると思いますが、かなりの時間が必要になってきます。プロトレーダーになるにも時間は必要です。

そう考えると、

投資だけに限らずなんですが、何かを新しく始めるためには、それなりの時間が必要です。

しかし、

実際、週40時間の会社員さんや子供のいる家庭をもつ人にとって、仕事や家庭以外の時間を作るというのは、めちゃくちゃ難しいことだと思いませんか?

完全リモートワークになる前の私も時間について悩んでいました。新しいことを始めたいけど、仕事しながらでは時間の確保が難しいなぁと。

週40時間勤務するということは、通勤や残業の時間もあるので1週間で50時間以上は、会社に費やすわけです。時間をそれだけ使うということは、体力や気力も同じように使うことになります。

正直いって、そんな生活の中で時間を確保するってかなり大変です。

週末は週末で、家庭のある人なら家族との時間もあるので、自分の時間を確保できないものだったりします。

そうなると、もう負のループです。

  • 会社に勤めているから時間がない
  • 時間がないからタネ銭作りができない
  • タネ銭がないから時間を切り売りする会社員を辞められない
  • 会社員を辞められないから時間が作れない

このループにハマると、抜け出すことはほぼ無理ゲーです。

それでも、このループを断ち切らない限りプロトレーダーになることは難しいと思います。

ではどうすれば、最初の一歩を踏み出すことができるでしょうか?

そのためにやることは次の2つです。

  • ①なんとしてもタネ銭へ繋がる時間をつくること。
  • ②作った時間でタネ銭作りを始めること。

兎にも角にも、①の時間を作らないと何も始まりません。

トレーダーへの道を切り開くためには、「切り開く」という作業時間の確保が絶対条件です。

時間を確保し、確保した時間でせっせとタネ銭作りに打ち込んで、初めてタネ銭が手に入ります。

人生の舵を上手に取っているような成功者の多くは夢実現のために時間をコツコツ捻出しているものです。つまり、どんな人も一度は時間管理について向き合っているものだと言いたいわけです。

では、どうすれば、現状の忙しい生活の中でタネ銭作りの時間を作ることができるのか?

これがトレーダーになる最初の課題となってきます。

結論からいうと、時間をマネージメントすればいいだけです。

時間のマネージメントについての具体的なステップは以下の4つ

  • ①現環境で余ってる時間を探し出す
  • ②時間を作るために生活環境を変える
  • ③リモートワーク勝ち取る
  • ④転職も検討する

他にもいろいろ方法があるとは思いますが、ひとまず私なりの時間の作り方を深堀りさせてください。

①現状の環境で余ってる時間を探し出す

1日24時間。これを変えることはほぼほぼ無理なので、24時間という限られた時間の中で、有効的かつ、出来うる限りの時間配分する方法とスキマ時間の見つけ方について検討します。

先ほど時間を作ればいいと言いましたが、本当に新しい時間を作ることなんて、今の人間の科学力ではとうてい不可能なことと誰もがわかってるので、実際は時間の使い方を改めるしかありません。

まずは、思い切って、ズバッと切り捨てられる時間を探しましょう。

時間がないと普段から口癖になっている人に限って、時間を最大限にいかせていない人が多いというのはよく聞く話です。

では、生活のどの部分を見直したらいいか?を深堀してみます。
 

趣味の時間を減らす。

  • 休みの日の大好きな趣味、ネットフリックスやゴルフなどは控えましょう。少し我慢しても生活に支障ないものに関しては、未来の自分のために趣味の時間を減らしてみましょう。

ちなみに昔の私は、無駄なことは完全にやめた方がいいと思っていましたが、今はその必要はないと思っています。

なぜなら、だいたいの方は大好きなことを完全にやめようとするとストレスがたまり過ぎ、心が病んだり、タネ銭作りに集中できなくなってしまいます。

逆に少し残すことによって、心の平和を保てます。好きなことをする時間を減らすことで継続させやすい環境を作るものです。
 

飲む回数を減らす。

  • 頑張った仕事の後のビールやお酒がめちゃくちゃ美味しいのはわかりますが、それもタネ銭作りのために今は控えましょう。ちなみにこれを実践すると、今まで飲み代に使っていたお金がそのままタネ銭に回すことができます。

もちろん、これもほどほどに残すのがポイントです。
 

休憩の取り方を変える。

  • 本当の休憩は、タバコを吸ってぼーっとするみたいなことではなく、今、やっている作業とは全く別の作業をして頭の中を再活性させることです。

気分転換でYoutubeや本、ブログ記事やファンダメンタルなどのトレードに関する情報を仕入れる時間に使ってみましょう。

知識をインプットすると、実際に試したくなるものだと思います。それが結果的にモチベーション向上にも繋がってきますよ。
 

食事をササッと済ませる。

  • 食事は楽しくいただいた方がいいとは思いますが、1日3回すべての食事を楽しくする必要はないと思っています。

朝食やお昼ご飯などは、サッと済ませて余った時を有効活用しましょう。
 

残業はしない。

  • 残業はやめましょう。残業してお金が増えるかもしれませんが、それは自分の時間を切り売りするという将来性のないお金の増やし方です。

自分のタネ銭のために使う時間が生きた時間となると心得ましょう。

もしかしたら、昔の私と同じように残業慣れてして、残業しないことに罪悪感を感じてしまう人もいると思います。

そういう人は、マイルールを作って、1週間に1回は残業しないとか。定時に帰らないと間にあわない予定をわざといれるなどして、少しずつ残業しない生活環境を整えていきましょう。人間は慣れる生き物です。残業しないことにも慣れていきます。

残業は、どう考えても心と体力、将来の自分のためによくありませんよ。頑張って残業しない生活を取り戻しましょう。
 

上述したとおり、時間の作り方にもいろいろやり方はあると思います。

ちなみに、

1日の時間配分はあなたにしか決めることができません。少し見方を変えたり、意識を変えるだけで今まで無理だと思っていた自分の時間作りが可能になってきたりするものです。

さあ、やれることを行動に移して、今の生活の見直しです。
 

②時間を作るために生活環境を変える

どう考えても、今の生活を見直すことができなさそうであれば、生活環境を見直しましょう。

例えば、朝活、夜活を始めてみる。

  • 朝活・夜活。最初のうちは結構大変ですが、慣れれば案外、継続できるものです。朝1時間、夜1時間すれば、1週間で14時間、30日間で60時間も時間が作れます。馬鹿にできません。

朝活・夜活作業しないとソワソワしてくるようになったら習慣化に成功している状態なので、それを目指してやってみるといいかもしれません。
 

例えば、時短家電を購入する。

  • 時短家電と聞くとイメージがフワッとしていますが、要は自動設定で家事をしてくれる家電のことです。
  • 具体的にいうと、ルンバ全自動洗濯機全自動食器洗い機などのことです。選ぶ基準は、購入すると普段の家事の時間を減らすことができることがポイントです。
  • こういう時短家電は、便利な分、購入するとなると一時的に大きな出費になるので手を出さない人がいます。ただ、時間はお金では買えないことをよく検討したほうがいいかもしれません。

仮に時短家電を購入して1日1時間の節約になるなら、1週間で7時間、30日で30時間、5年間使ったとしたら1825時間の節約になりますよね。1825時間あれば、いくつかの学習コースを完了することができるだろうし、ゲームで考えるなら果てしないプレイ時間が確保できてることになりますよね。

20万円までの出費で、1日1時間の節約ができるなら安い買い物だと私は考えています。

ちなみに、私が実際に使って皆さんに本気でオススメしたい家電はこちら。

このドラム式洗濯乾燥機の以前のモデルを両親へのプレゼントとして10年前に購入しましたが、いまだにちゃんと動いています。

時間が節約できるだけでなく、しっかり洗ってくれてるし、自動で洗剤計測してくれたり、乾燥もふんわりでバッチリです。そして、何より長持ちしていることが最大のメリット。本当に素晴らしい商品だと思います。
 

例えば、通勤方法を見直す。

  • 車で出勤している人は、電車に変えてみるなどすれば、運転しない分、タネ銭作りの時間になります。電車通勤なら耳学や読書、電車が空いてる時間ならパソコン作業の時間に充てられます。

耳学や読書なら運転しながらでもできるよ。って人もいるかもしれませんが、頭に入りにくいので結局2、3度聞いて非効率的だと思います。

何より運転に集中できないのは、危険なのでやめておきましょう。

会社の近くに引越。

  • 可能なら会社の近くに引越して通勤そのものをなくしましょう。
    そもそも通勤って無くていいものじゃないですかね?
    通勤すると仕事する前から心と身体が疲弊することになりますよね。それって万全の状態で仕事をスタートできないので、クリエイターやマネージメントなど、頭を使う仕事ならマイナスでしかないと思っています。

出勤で変なエネルギー使うくらいなら、その分をタネ銭作りに使った方がいいというのが私の考えなので、移動時間は極力無くしましょう。
 

③リモートワークを勝ち取る

会社で働きながら最大限に時間を作り出すための最終形態がリモートワークだと思っています。

リモートワークのメリットは3つ

  • 1、出勤がない。普通に考えて出勤にかかる2時間くらいは毎日節約できます。
  • 2、おしゃべり好きの上司や同僚との雑談の時間を必要としません。
  • 3、成果報酬型の仕事なら1日の時間配分は自分で決められます。

タネ銭作りに関わらず、自分のやりたいことがある人は、リモートワークの仕事に就くことをお勧めします。

私はコロナショックをきっかけに完全リモートワークを現在も継続中なのですが、

私がリモートワークを成立させたポイント3つは、

  • 1、会社で必ず必要、かつ、自分にしかできない仕事を作る
  • 2、リモートワークで完結できることを実際に証明する
  • 3、仕事の成果を会社にしっかり提示し続ける

この手順でやれば、リモートワークをやめろとは言われなくなります。
無駄な時間が多い出勤なんて今では考えられません。

④転職する

リモートワークが会社で勤めながら時間を確保する最終形態だと言いましたが、それを実現できない職種もあると思います。

現場作業やサービス業では、オンラインで完結することなんてどう考えても無理ですよね。

そういう人は、思い切って転職しましょう。

トレーダーとして生きていきたいと本気で考えているのであれば、まずは実際にトレーダーのような自由な生活に触れてみるのがいいと思っています。

自分が理想とした生活を実体験することによって、今までイメージでしかなかったことが身近になります。身近になったことに対して人の行動力は今まで以上に増すものです。

転職は、収入が少し落ちてでも自分の時間が確保できることを優先していきましょう。それくらい、自分の時間というものには価値があります。

そして、タネ銭作りに成功すれば、転職してよかったと思うようになります。

実際、私はタネ銭作りに完全に成功したわけではまだありませんが、リモートワークに成功したことはかなりの成果だと感じています。

とはいえ、やる気になる人はたくさんいても、実際に行動する人はほとんどいないと思います。
 

まとめ

トレーダーに限らずだと思うのですが、

好きなことをするためには好きなことに打ち込むための時間が必要となります。自由な時間を手にいれることができた時点でやっとスタートラインに立てたのと同じ。まずはスタートライン目指して行動してみましょう。

万が一、トレーダーになるのをやめた。となっても、自由な時間を持ってることがデメリットになることはほぼあり得ません

今後の人生を自分の思い通りにしたいと思ってるならまず時間の確保です。

やらずに後悔するより、やった結果が失敗して後悔するほうが経験という大きなオマケがついてきます。だから、自分の時間確保のためにやる一択がオススメです。



人気記事【資産0円・知識ゼロ】情弱から暗号資産トレーダー兼ブロガーを目指す【完全ロードマップ】



スポンサーリンク
スポンサーリンク