Written by Shiroshin

【初心者向け】暗号資産の情報収集におすすめな方法9選【マナブさんのおすすめ本も紹介】

Crypto HOW TO BE TRADER

暗号資産(仮想通貨)の初心者「仮想通貨投資の正しい知識を知りたいな。これからNFT買いたいけど流行りとかあるのかな?将来的にはメタバースで稼ぎたいから常に世界中の最新情報を手に入れたい。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 仮想通貨の基礎を学びたいときに使える情報源【3つ】
  • 仮想通貨の基礎を理解した人向けの情報源【3つ】
  • 仮想通貨の最新情報が拾える情報源【3つ】

この記事を書いている私は、仮想通貨の初心者です。
私が、仮想通貨に詳しくなりたくて、今も行っている情報収集の方法を紹介します。

記事の信頼性

  • 筆者は、仮想通貨をガチって2ヶ月ほど
  • 仮想通貨の投資収益は、月2万円くらい
  • NFTアートの購入経験はすでにある

正直、大した信用性は私にはまだありません。

なので、仮想通貨の情報発信を行っている方たちを参考にしつつ、独自の情報収集の方法についてお伝えします。

情報が溢れている今の世の中、2ヶ月ガチるだけで、かなり前に進めると感じています。
 

仮想通貨の基礎を学びたいときに使える情報源【3つ】

暗号資産 仮想通貨 イメージ
ここが一番大切だと思っています。

新しい分野を勉強するとき、最初に飛び込んでくる情報って、いつまでも自分の考え方に影響を与えると思んですよね。

なので、バランスの取れた情報収集を心がけています。最初は偏らず、かつ、大量にインプットする感じで。

つまり、偏見で頭がいっぱいになってしまう前に、本、YouTube、ウェブサイトなどをぐるぐると満遍なく情報を吸収するイメージがいいと思っています。 

ちなみに、この段階であまり時間をかけすぎないように心がけましょう。
ここでは仮想通貨について大まかな枠組みが理解できればOKです。

では、1つ1つ見ていきましょう。
 

まずは手っ取り早くYouTube

スキマ時間でOK。

YouTubeは、ざっくり勉強したいとか、基礎を知りたい、というときにとてもいい教材だと思っています。

ただ、思考停止で観ていると時間だけが奪われてしまうので気をつけましょう。

私は1.5から2倍速くらいで欲しい情報を手に入れます。理解できたら、すぐにサイトを閉じ、無駄な情報と時間はなべるくカット。

やり方としては、事前にリサーチしておいて、「後で観る」や「登録チャンネル」を開いて何度か確認、だいたい頭に入ったら観るのを止める。

これで仮想通貨の一般常識はほぼ身につくと思います。
 

基礎を固めたいときは本

これが基本ですが飛ばしても大丈夫。

仮想通貨に限らず、だと思ってるのですが。物事を始めるとき、ある程度は本から吸収するのが効率的だと思っています。

どうしてかというと、本はレベルに合わせて作られているからです。

さらにいうと、考えが整理され、ちゃんとまとめられているので読み手に優しい設計です。

ただ、最近のブログやニュースサイトは、昔ほど適当に書かれているものが少なくなっていると思うので、本の代わりになり得るとも思っています。

インターネットで情報収集するとき、ウェブサイトだと目移りしてしまうので、気を付けましょう。

また、ブログだと不確かな情報も、まるでこれが正しいみたいに書かれていることもあるので。

もちろん、このshiroshinblogもちゃんと疑ってくださいね!

本は気軽に修正できない分、しっかり下調べをおこなっていることが多いので、初心者には本をおすすめします。
 

マナブさんのおすすめ本を紹介

どれを読んだらいいかわからない。という人のために、

仮想通貨の投資家のマナブさんが紹介していたおすすめ本3冊を紹介しますので参考まで。

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

(マナブさんコメント)
ビットコインの基礎知識から、ブロックチェーン技術、さらには関連の仮想通貨を学ぶことができます。とりあえずビットコイン関連情報を追っかけたい人は、先ほど紹介したビットコインとはなにか?に加えて、この1冊を読んでおけば問題ないかと。

 

ブロックチェーンの衝撃

(マナブさんコメント)
ちょっと難易度が高くなります。ビットコイン関連ビジネスに興味のある人、それ関連のビジネスを始めてみたい人は読んでおいて損しません。 各章ごとに専門家が執筆している本でして、ところどころは技術的な話がガッツリ出てきます。「技術的な部分はいらないよ」って人は気になる章だけつまみ食い的に読むのもありかなと。

 

仮想通貨革命

(マナブさんコメント)
仮想通貨の基礎知識だけではなく、ビットコインやブロックチェーン技術が世の中にどういったインパクトを与えるかが書かれています。個人的には『第5章 通貨革命は社会をどう変えるか』と『補論 公開鍵暗号と電子署名』が面白かった。 通貨革命がメディアに与える影響や、CEOのいない会社の登場など…。まだ実現には時間がかかりそうなことも多いですが、仮想通貨とブロックチェーンが浸透する未来は楽しそうだなと。あと、プログラミングの世界では公開鍵や秘密鍵が一般的ですが、本書ではその仕組みが分かりやすく解説されており、その点も良かったです。

*本にあまりお金をかけたくない、という方もいると思うので、そういう場合はAmazon Kindle Unlimitedがおすすめです。
全てが読み放題というわけではありませんが、初心者向けの本となるとKindle読み放題の中からでも十分足りると思います。

おすすめ【なんと70%OFF】はじめてのKindle本の購入に使えるクーポン

おすすめKindleストア の 売れ筋ランキング

 

一次情報の確認用として公式サイト

公式サイトは、詐欺対策や情報確認用としてURLを確認しておきましょう。

公式サイトは、普段そこまで活用しませんが、何かトラブルがあったときや、情報の信憑性を確かめるときに使います。

よくあるのが、お得なニュースが流れてきたときに、間違えて詐欺サイトに登録し、お金を騙し取られる。

SNSで流れてきたフェイクニュースを信じて、仮想通貨の売買をしてしまう、などです。

情報が溢れている世の中なので、「一次情報で確認する」くせはいつもつけておいて損はないと思います。

下のサイトを参考までにどうぞ。
 

仮想通貨の各コイン公式サイト

日本だと今のところはこの3つくらい押さえておけばOKです。

 

仮想通貨の大手取引所の公式サイト

ちょっと多いですが、以下の7つ。

 

仮想通貨に関する政府関連の公式サイト

法律に関することは、政府のサイトで。

ちなみに日本仮想通貨取引業協会なら、仮想通貨に関する公式文章などまとめて確認できます。初心者でここまで見る人はあまりいないかもですが、後々、役に立つと思います。
 

仮想通貨の基礎を理解した人向けの情報源【3つ】

ビジネスマン 飛び出す
仮想通貨を調べ始めて、基礎的な部分がだいたい頭に入ったら、もっとフレッシュな情報が自然と欲しくなると思います。

その時に次の3つの情報源も活用ください。
 

ウェブニュース【日本】

仮想通貨関連のニュースは、株やトレードと同じで、実際に投資していないと普段の生活では入ってこない。

なので、仮想通貨の専門ウェブニュース【日本】に登録しておくと便利です。
情報レベルとしては、中から上といったところ。

ウェブニュースの中には、仮想通貨の初心者向け学習記事があるので、基礎を学ぶこともできます。

Twitter公式アカウントをフォローか、リストインしておくと速報が入ってきて便利。私のツイートのヒントは、こういうニュースサイトから仕入れておりますw
 

ウェブニュース【海外】

日本のニュースサイトより情報が早く手に入る。

基本的に、仮想通貨の最新情報は海外からきます。早い段階で知っておきたいこと、投資や相場に影響するニュースなどは、海外ニュースで手に入れましょう。

情報レベルは、上。

ちなみに、英語のウェブサイトだからという理由で、避けてしまう人がいますが、これはもったいないですね。

今の世の中、Chrome拡張機能でGoogle翻訳を使えば、内容の8割は理解できる時代。8割も理解できれば、ニュースとしてほぼ問題ないです。

>>Google翻訳 拡張機能
 

メルマガ

メルマガのいいところは、世間に出回ってないクローズドの情報が手に入るところです。

また、メールをフォルダー別に整理しておけば、スキマ時間の読み物にしたり、好きな時にじっくり読めたりできます。

私は10個ほど、メルマガ登録をしていますが、メールが届いたら、そのままフォルダに入るので、たくさん届いても気になることはありません。

ウェブサイトやYouTubeは便利だと思いますが、不必要な情報を拾えてしまえる仕組みで、目移りしてしまうのが難点。

調べたいことがあって、ググったのに、いつの間に別のことを必死に調べていたなんてこと、よくありませんか?

メルマガなら欲しい情報を手に入れたら閉じるだけです。
 

すみません、ちょっと長くなってしまいました。あと少しです。
最後に情報収集するときに大切なことを書いておりますので、そちらもどうぞ。
 

仮想通貨の最新情報が拾える情報源【3つ】

たくさん 情報
ここからはかなり上級者向けになります。初心者の方は飛ばしてOK。

これからどんどん情報収集して専門知識つけたい人は、参考までにどうぞ。
 

Twitter

Twitter ウェブサイト
Twitterで情報収集するメリットってなんだろうな?って考えると、その分野の最先端を走っている人の考えに、直接触れられるということ。

つまり、他では入手できない最新情報をツイッターで収集するイメージです。

あと、仮想通貨ニュースサイトをフォローしたり、リストインで、最新情報も自動で入ってきます。
 

インフルエンサー

ここで、おすすめのインフルエンサーさんを紹介しようかと思ったのですが、数が多過ぎてやめました。w

それよりも、私のフォローリストを覗いてみてもらうほうが早いと思いますので、気になる方は以下のリンクを覗いてください。

>>しろしんのフォローリスト

興味ある人は少ないかもですが、私のツイートも一緒に紹介します。最近は仮想通貨のことしかつぶやいてません。😌

 

公式ニュースサイト

CoinDesk、 CoinPost、 コインテレグラフジャパンの3つおさえておけば、世間一般的な日本の仮想通貨ニュースは漏れなく収集できます。

登録したい方は私のTwitterリストに入っていますのでどうぞ。

>>Twitterの仮想通貨用リスト
 

Discord

Discord ウェブサイト
Discordは、まだまだ知らない人も多いと思いますが、Slackと並ぶくらい有名なコミュニティツールです。

アイテムなどをNFTで売買する関係もあってか、人気のゲーマーコミュニティツールとなっております。

今はDAOを形成で利用者も多く、これからどんどん普及するかもしれません。

私も仮想通貨を知っていく中で触り出したばかりの初心者なので、これから勉強していく感じです。

触りながら知識を磨く。この瞬間に学ぶ楽しさを感じます。😌

気になる方はこちらからどうぞ。

>>Discord
 

Telegram

Telegram Webサイト
Telegramは仮想通貨の最新情報を手に入れるにはとても便利です。ただ情報の信憑性に関してはピンキリなのでしっかり裏付けを自分でとる必要があります。

こちらも最近になって、触り出したばかり。なので、もう少し理解を含めてから情報をシェアします。

ちなみに、触っている感触として、Telegramの情報量は凄まじいです。

Discordが100件のメッセージをやりとりしている間に、Telegramは500件になってることもしばしばあります。😱

「通知オフで参加」が、良さそうです。

気になる方は、こちらから登録できます。

>>Telegram
 

情報収集するときに大切なこと

結論、レベルにあった情報収集が大事です。

初心者なのにTelegramの専門家が見るような情報をいきなり見出しても、わけわからないし。

ある程度知識ついた後に、YouTubeの初心者向け動画見ても、ためになることは少ないと思います。

置かれた環境に合わせて、情報収集の手段を変えていくことが大切。

そして、行動。

ノウハウコレクターや知識だけあっても人生変わることないので、知識をつけたらすぐ行動です。
 

長文購読、本当にありがとうございます。m(_ _)m

本日はここまで。

では、また。



人気記事【資産0円・知識ゼロ】情弱から暗号資産トレーダー兼ブロガーを目指す【完全ロードマップ】



スポンサーリンク
スポンサーリンク